お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
インターンや就職はどこがいいのか?
久しぶりにブログ経由で質問が来ました。

主に質問は、
1)将来は国際協力の仕事に就きたいのですが、そのためには、どこでインターンしたらいいのでしょうか?

2)大学卒業した時に、どういう関係の会社に行ったら開発関係のお仕事に有利となる経験になるのでしょうか??

というわけで、以下のように返信しました。皆さんキャリアについては悩むものですよね。以下の意見は、個人的な偏見もかなりあると思うので皆さんのご意見を頂きたい!


----------------------------------------------------
○○様

ブログを拝見していただきありがとうございます。

さて、早速ですがインターンをどこでしたらいいかというご質問ですが、NGOがいいのではないかと思います。

国際協力といいましても、様々な職種があります。広報担当であれば、マスコミがいいかと思いますし、財務担当であれば会計事務所がいいかと思います。国際協力全般に興味があるのであれば、途上国のNGOでインターンするのが実情が分かっていいかと思います。

例えば、日本に本拠地のあるNGOで、学生を途上国に派遣している団体はたくさんあるかと思います。

また、海外の企業やNGOと提携しているAISEC(アイセック)という団体もいいかと思います。丁度、今回一時帰国した際には、大学生の友人がアイセックを利用してアフリカにインターンを5ヶ月ほどしにいくと言っており、僕も刺激を受けていたところです。

また、就職に関してですが、インターンのときと同様でご自分がどのような職種・分野の国際協力に携わりたいかによるかと思います。

保健衛生がよければ、製薬会社や病院かとと思いますし、教育に携わりたいのであれば、公務員や教員がいいのではないでしょうか?また、分権化に携わりたいのであれば、地方公務員もいいかと思います。就職すれば絶対大丈夫という会社や職種はないかと思います。コンサル、銀行、商社等であれば、全般的に経験も必ず生きてくると思います。

個人的には、外資系コンサル、投資系銀行はいいかと思います。

また気軽に連絡ください。



スポンサーサイト
キャリア・ディベロップメント | 【2008-01-24(Thu) 15:27:34】
Trackback:(1) | Comments:(0)
どう開発に貢献するのか?
どのようなバリュー(価値)を出すことで開発に貢献しますか?

留学を考える人たちは、今からどのような道(分野)をたどるべきか悩むことも少なくない。そのときには、

i) 自分の過去を棚卸しし現在進むべき道を考えること(backward casting)、
ii) こうなりたいという未来から現在進むべき道を考える(forward casting)、

という二つのアプローチが必要だと考えます。

IDEASやIDECで先生・OB・OGと話す中で、国際開発に関わる人たちには大きく分けて3つの道があるのではないかと考えるようになりました。

①職務経験を活用する
今までの職務経験を活かして留学の分野を決めて、さらに将来的にもその職務経験を武器に働いていこうとすること。OBの中には留学以前の職務経験を活用して活躍している人がいます。

例えば、銀行員として金融の知識があれば、留学先でも金融関係の専攻を選び、その後の就職先としても、JBICやWB,ADBなど金融機関や国際機関の金融部門を選ぶようなキャリアパスです。

また似たような例として、青年海外協力隊の人たちも、農村開発や教育活動をJOCV時代に経験したことから、似たような分野に貢献しています(結構JICAで働いている人も多い)。

もしIDEAS入学以前に十分な職歴がなくても、留学先での専門+インターンを経て、就職する人もいます。

このアプローチを取る人は、職務経験を現場で積みながら、その経験をバリューとして出していくこともできる人たちです。具体的には、国際機関やJICA,NGOの世界各国の現地オフィスを渡り歩き、プロジェクトベースで仕事をする人たちにこのようなキャリアパスを踏んでいる人が多いように思います。

②学歴を活用する
学歴とは、所属していて学校のことではなく、勉強歴のことです。このアプローチは、今までの学歴を活かして、さらにそれに磨きをかけることです。

日本の大学院を修了した人は、留学先でもPhD課程に進み、その後世銀などの国際金融機関や大学に就職しています。この人たちは、学問を活用することで開発に貢献しようとしています。

具体的には、大学の教授をしながら、国際協力プロジェクトの評価をする、世銀のYPPに入るなどです。ある学問(経済学や社会学、環境学等)を体系立てて学び、統計や調査法を身につけ、論文を書いていく過程で学問を活用して、バリューを出すことができるようになることです。

このアプローチは、体系だって物事を考えたい人に向いている。国際機関やNGOの本部で働きたい人、将来的に大学などの研究機関で評価や調査に携わりたい人、国際機関・NGOでマネジメント側につきたい人、に向いていると思います。

③専門的職業知識を活用する
専門的知識とは、会計や法務などの職業に直結している知識のことです。このアプローチは、職歴と学歴を活用するという点で、①と②の中間ではないかと思います。

会計士や弁護士などの資格を有している人たちはその資格を十分に活用できるし、そうしている人も多いように思います。弁護士の資格があれば法整備支援の実務や、研究に関わっている。実際に、世銀・WTOには弁護士採用の枠があります。


結論
最初の、backward castingとforward castingの観点から考えると、「今まで」自分は職歴を積んできたのか、それとも学歴なのか?それとも専門的職業知識(会計や法務等)なのか?

そして、「将来」自分は、職歴を武器にするのか、学歴を武器にするのか、専門的知識を武器にするのか?

以上のことを見極めることが大切かと思います。

そして、見極める際にすぐにできるのは、今、自分の回りにいる同期・同僚の中でこれだけは負けない、将来負けたくないということがあるとしたらどんな点か?を考えることだと思います。

キャリア・ディベロップメント | 【2007-09-24(Mon) 03:44:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
選択することは捨てること
選択することは、捨てること。

先日、一つの選択肢を捨てた。それはインドで女性の社会進出を促進するというプロジェクトのお仕事。お仕事といっても、ユニ○フのインターンで、給料はでるが期間は決まっているというもの。詳細はこちら

これからのキャリアの行き先との調整がつかずに、今回は諦めざるを得なくなった。正直この決断にはかなりの決意が必要だった。なぜならば、今までずっと関わりたいと思っていた発展途上国の「開発」の現場だったからだ。

しかも、社会のあり方そのものに働きかけていくというコンセプトにも惹かれていた。女性の社会進出を阻んでいるものに、女性の衛生問題があるという仮定に基づいて、衛生問題を解決することで、社会進出を促進するというものだった。

結局あきらめることの出来た理由は、「似たようなプロジェクトを、将来より大きな仕事として関わってやろう」という漠然とした期待と、このユニセフの仕事と交換で選択した「仕事」がより面白いのではないかという漠然とした仮定に基づいている。

最近は、選択肢が多くて困ることが多い。選択肢を増やせる位経験がついてきたのだなという安心感とともに、選択肢を作る前に「自分はどの選択肢を最もやりたいのか」ということをよく吟味する必要があることに気がつき始めた。

世界で一番貴重なものは「時間」であり、自分の時間を何に、誰との時間につぎ込むのか、を見定めていく必要がある。それは自分にとって、何が大切なものなのかを振り返ることでもあるのだろう。

進路選択に場面に直面して、そんなことを思った。

PS:というわけで、7月も日本にいることになりました・・・。残念。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング




キャリア・ディベロップメント | 【2007-06-27(Wed) 02:09:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
インドネシアの農村にホームスティする
広大の頃参加したFASIDのプログラムの紹介です。
個人的には人生初めての経験が連発で、
視点が広がりました。

特に、途上国の農村に行ったことがない人には
お勧めかと思います。

■お勧めの理由
1. インドネシアの農村に3週間滞在できる
何もかも現地の様式で生活します。ちなみに、僕は朝4時半に
起きて7時に寝る生活でした。

手でご飯を食べて、トイレも手、だったので、
そのような生活を送りました。

最初は抵抗がありましたが、不思議と慣れるものです。
もちろん、日本方式で突き通す人もいました。

2. 途上国の一般的な農村のイメージが付くようになる
JICAや国際機関、NGOの開発プロジェクトも入っていない
農村にホームスティします。

途上国の農村の生活を経験できます。当時の経験は
強烈で、その時の経験があって今は具体的に開発の
講義にもイメージを持つことが出来るようになりました。

洗濯機・コンロ・トイレは持っていなくても、コンポ・テレビを
持っていたりして、興味深かかったです。

3. フィールドワークの方法を学べる
現地でのフィールドワークの手法を、立案から実施、アンケート実施、
分析、フィードバックまで学べます。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

以下、FASIDからのコピペです。

■□参加者募集! 海外フィールドワークプログラム□■

財)国際開発高等教育機構(FASID)では、日本国内の大学院で国際協力・開発
関連分野の研究を行っている学生を対象に、フィールドワークの基礎的なトレー
ニングを行います。特定調査手法の習得ではなく自らの五感を働かせ自分の経
験に基づいて、対象地域社会を包括的に把握し課題を発見する力を身につける
ことを目指します。今回は海辺の集落で実施します。

詳細情報:http://www.fasid.or.jp/kenshu/field/index.html

○プログラム概要 
事前勉強会:6月30日(土)・7月1日(日) 東京
海外プログラム:7月25日~8月12日

場所:インドネシア・南スラウェシ州ピンラン県
定員:12名(インドネシアから8名が加わります)

参加費:無料(現地集合解散、往復旅費は自己負担)

応募締切:6月11日(月)(応募用紙は上記サイトからダウンロード)
説明会:5月21日(月)18時30分~19時30分 FASID

お問い合わ先:FASID 事業部 担当:杉原・小池
TEL:03-5226-0304 FAX:03-5226-0023 E-mail: fwp07@fasid.or.jp

ご質問等ありましたら、ご遠慮なくお問合せください。
ご応募お待ちしています。 以上

キャリア・ディベロップメント | 【2007-05-14(Mon) 23:22:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国際開発への2つのアプローチ
いきなり、プライベートねたですが、今日開発スクールメンバー5名と、うちのアパートでお好み焼きパーティをしました。

うちのパーティーは2度目です。前回は外国人留学生もいましたが今回は日本人のみでした。

K子とKYが残ったのだが、そこで話題になったことは、開発への2つのアプローチということ。

1つは、「今ある問題に対処する」派。

もう1つは、「理想像から今やるべきことを考えていく」派。

「今ある問題に対処する」派は、今発生している問題を少しでも解決することが、人々の幸せを増やすことになると考えています。

一方、「理想像から今やるべきことを考えていく」派は、あるべき世界の姿から今何をするべきなのかを考えていきます。(Backcastingという)

で話していると、今まで会ってきた開発に携わっている人は圧倒的に「今ある問題に対処する」派が多かったということになりました。「今ある問題に対処する」は、事後策を行うということ。

今ある世界の状況をどうにかしようとみんな使命感に燃えています。たしかに今ある問題を解決させようとすることも大切ですが、同様に、もしくはそれ以上に、問題が起こらないように理想像から今予防策、事前策を講じておくことも大切だと思うのです。

例えば、飢餓が起こっているとします。確かに、飢餓に直面している人たちを助けることはとても重要です。しかしながら、飢餓そのものが起きないという理想像を掲げ、食料流通や食料生産を安定化させておくことの方も大切だと思うのです。

実は、問題に対処したほうが実績が見えやすいです。問題が起こる前にその芽をつむということに対する実績は見えにくい。しかしながら、問題が起こる前に芽を摘むことはとても重要なのです。

僕は、どちらの立場かといえば、「理想像から今やるべきことを考えていく」ではないかなと思います。できたら、開発問題に対して「事前策」で予防したいです。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

キャリア・ディベロップメント | 【2007-05-03(Thu) 22:31:29】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国際協力の職に博士号は必要か?
『PhDは必要なのか?』

必要資格としてのマスター
国際開発の職をゲットするには、マスターは最低限の資格と言われている。(JBIC, JICA等は新卒でも入れるが)

実際、国連への登竜門であるJPO、外務省・JBICの専門調査員、世銀等の試験など、全てマスターを応募条件にあげています。

だから、開発スクールも2年目にマスターをとらせに海外の大学院へ学生を派遣するのでしょう。

Masterより高度なPhDという学位
しかし、マスターが最低条件ということは、マスターだけではジョブマーケットで差別化できないことを示していると思います。ということで、ドクターを狙う人も多いと思います。

でも、「本当に国際開発の実務・調査に関わるのに、ドクターは必要なのか?」という疑問は残ります。というわけで、GW中にもかかわらず休日出勤されていたIDEASのY先生を捕まえて、そのことについて話をして頂きました!

Masterでも十分やっていける

最初にでてきた意見が、

「国際機関、世銀で働いているOBでも博士号なしでやっていっている人はたくさんいる。」

ということ。PhDなしに働いているようです。もちろん、関連分野のマスターと開発系の職歴を十分に持っているようです。

PhDのテーマによっては不利なこともある
次に、

「博士号のテーマ次第では、職としてやりたいことにつながらない可能性もある。」

ということでした。

論文を書くということは、「興味がある」という基準だけではなく、「書くことの出来る」という基準が加わります。

ということは、自分の学力、持っているデータ、分析手法によってテーマが限定されてきます。

同様に、指導教員が指導できる分野かどうかも深く関わってきます。ひょっとしたら、実践に近いテーマというよりは理論中心かも知れない。

以上のような要因で、将来自分が国際開発の分野で従事したいと思っている分野からは遠いテーマになってしまうリスクはあるそうです。

職歴とPhDの関係
最後に、

「職歴がないとドクターをとった後に就職につきにくい。」

という要素もあるようです。

もしもドクターをとった後に実務(開発援助機関、国連、世銀等)に従事したい際(僕の場合は30才半ば)に、開発分野の職歴が全くないととってもらえないというリスクも考慮した方がいいとのことでした。

とは言っても、僕自身論文を書くこと調べることに面白さを感じてきているのでPhDという目標も魅力的ではないかと思いました。

国際開発の分野は決まった道がないだけに、自分で考え動いていかなければならない面があります。その難しさを感じた一日でした。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

キャリア・ディベロップメント | 【2007-04-30(Mon) 20:11:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
初心に返る(アジ研開発スクールでやること)
初心に返ろうと思い、開発スクールに来る前のブログを読んでみた。


入学前に考えていたこと
半年前の7月30日に「ここ2-4年でやること」として、以下のことをあげている。(http://masah.blog57.fc2.com/blog-entry-4.html

○1年後までに:分析手法(経済学・数量分析)を固める
       ↓
○1-2年後:分析手法を使って、課題分野(貿易と投資、民間セクター開発、環境、組織マネジメント、都市計画)を扱う
       ↓
○2年後以降:職務経験を積む。

また、8月1日にジョージタウンよりもアジ研を選んだ理由として以下のことをあげている。(http://masah.blog57.fc2.com/blog-entry-9.html
1)経済学、統計、数学を身につけることは思った以上に大切である
「経済学というフレームワークを身に付けておくことは必要だ」と記載している。

2)周りの人の反応
「卒業生は活躍していますよ」、「先生たちも熱心でいいプログラムですよ」といった言葉を周りの方から聞いて、がんばろうという気持ちになった、と書いている。

3)アジ研に行っておくことは日本人としてメリットがある
「アジ研の研究者や関東圏の大学の先生の講義を受けることができるのは楽しみ」と書いている。

4)来年度の留学に再チャレンジできる


振り返って反省

果たして入学前の目標を僕は達成できているだろうか。本当に分析手法を身につけられているのか?アジ研のメリットを十分に生かせれているのか?留学の結果に満足しているか?

上の問いに対しては、Noである。不十分だ。やり残していることがたくさんある。分析手法の勉強もいまいちである。開発スクールの授業を受ける姿勢もどことなくまんねり化していた。アジ研内の研究会にもあまり参加していない。

「アジ研にいるのにもったいなくないか?」

将来後悔しないためにも、今自分のそばにあるチャンスに気が付き、それをつかんでいこう。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング



キャリア・ディベロップメント | 【2007-04-05(Thu) 19:00:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国連等の就職活動
政府系の専門調査員の第二次選考に進むことになりました。

いわゆる就職活動です。

えっ、就職活動しているのって思った人もいらっしゃるでしょう。

なぜやっているのかというと、さかのぼること昨年の10月に開発スクールで進路相談がありました。その際に、マスターを2個とるのは意味がないのではないか、という指摘を先生から頂きました。(当時はマスターをとろうと思っていた)。

そして、就職活動してみて感触をつかむのもいいのではないかと言われ、専門調査員、国連競争試験(経済)、国際金融公社(IFC)を受験していたのです。

結果は、専門調査員と国連競争試験が書類を通過し、国際金融公社は書類で×でした。

その後、専門調査員は筆記試験を2月上旬に受けました。本日専門調査員の筆記合格の知らせが来たので、次の面接に進めることになりました。

ちなみに筆記試験内容は、英語(ペーパーと英会話)と専門の論述でした。英語は簡単でこれでいいのだろうかと思ったほどでしたが、正確性を問われていたのではないかと思います。

国連競争試験は受験せず、次回に持ち越しになりました。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


キャリア・ディベロップメント | 【2007-03-28(Wed) 20:01:50】
Trackback:(0) | Comments:(1)
次のページ
ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。