お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
論文指導:赤を入れてもらう
朝学校に来てみると、なんと机の上に論文が!(写真参照!)

diploma paper


それは昨日、んがみ先生に提出した論文第一稿のフィードバックでした。

そもそも、昨日第一稿を提出するというのがあり得なかったはずです。なぜならば、締切ぎりぎりだったし、そもそも内容が不完全だったからです。それなのに、フィードバックを今日もらえるとは。。。

さらに、かなり的確な赤を入れてもらっています。

感動(T T)。

昨日のやんがた先生といい、ほんとお世話になっています。

そのアドバイスを反映できるように、今日も論文頑張ります。

んがみ先生の著作・翻訳書はこちら

また、アマルティア・センの名著の訳書は↓。アマルティア・センの著作は概念的に複雑ですので、それを翻訳する作業は大変だったのではないかと想像します!

それをやってのける先生は、さすがです!

不平等の再検討―潜在能力と自由 不平等の再検討―潜在能力と自由
池本 幸生、野上 裕生 他 (1999/07)
岩波書店
この商品の詳細を見る




今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


スポンサーサイト
研究・学習 | 【2007-07-12(Thu) 10:17:23】
Trackback:(0) | Comments:(2)
論文の書き方-根拠の示し方編
以前から書いているが、現在論文を書いている。

あと少しなのだが、問題が。データ、資料がない。何度探してもない。やばい。その章だけなくなるではないか。どうしよう・・・。これで修了できなかったら・・・

と、困っていたので開発スクールの教授やんがたさんに相談にのってもらいました。


やんがた先生の著作はこちら


そもそも、論証の仕方には以下のようにした方がいいのではないかとの事でした。

1. 一次資料をできるだけ使用する。

2. 二次資料しかない場合は、最も確からしい資料(A)を、自分の主張の根拠とする。

そのやり方としては、(1)その資料(A)が確かかどうか検討した自己の分析を加える。(2)他の二次資料(B)と比較して、(A)は確からしいということを決める、などがあるらしい。

また、「信頼できるような」資料がない場合は、両論併記にする。「資料Cは○○と言っているが、資料Dは△△と言っている。よって、私はCよりの□□という結論に至った。これは不十分な結論である。」

先生、ありがとうございました!

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


研究・学習 | 【2007-07-11(Wed) 17:20:54】
Trackback:(0) | Comments:(2)
修了論文第一稿完成!
第一稿といいつつ、日数がない。てか、あと4日しかないじゃん!!やばい・・・。

ちなみに、経験的には論文は「うりゃ(=一通り仕上げること)」して、その後修正というプロセスが必要だ。先月末に一度かなり書いていたのが良かった。

あと、これ二回「うりゃ」したい。

明日と水曜日は修正で水曜日夜に二度目うりゃ!木曜日、修正+三度目うりゃ!。金曜日最終修正。てか、日数がない。やばい。

今日まで進路で色々やっていたからだと思うが、やばい。がんばれ。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

研究・学習 | 【2007-07-09(Mon) 23:07:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
論文はこつこつ
論文こつこつ。

こつこつやった人が勝つわけではないが、こつこつやらないと勝てないような気がする。

がんばれー、あと少しだー。ファイトー。

と、若干ハイな自分にびっくりしたりする。

今週末いよいよ発表である。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


研究・学習 | 【2007-06-19(Tue) 23:12:38】
Trackback:(0) | Comments:(0)
論文カキカキ
修了論文を書いている。

環境保全と産業発展の両立要件について、インドの自動車産業の事例を用いて書いている。

環境保全と産業発展が両立した事例として有名なのが、日本の自動車産業。

環境規制をクリアする、技術を開発し、国際競争力もつけることができた。

今回の事例では、国際競争力まではみないが、インドで環境保全と産業発展が両立するためにはどういった要件が必要か、ということを見ていく。

というか、書かなければー。といいつつも、徐々に色々なことが分かってきて、面白くなってきた^^

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


研究・学習 | 【2007-06-19(Tue) 03:45:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
資料検索お役達サイト(経済・国際開発系)
論文を書くにあたって、まず最初にすべき事が既存の文献を探すこと。

意外に適当な文献を探すのに苦労します。ドンピシャと思える文献もなかなか出会えません。

以下、僕が2年間の大学院生活で使えたものを列挙しておきます。
以下のものに加えて、特定分野の学会誌・国際機関・研究機関のサイトは使えると思います。

他にも何かいいものを知っている人は教えて下さい!

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング



■論文を探すとき
1. グーグルスカラー
グーグルで学術書・論文を検索してくれます。
http://scholar.google.com/

2. アジ研図書館電子ジャーナル検索(アジ研図書館からのみアクセス可能)
ジャーナル(学術論文集)を検索する際に使用するといいと思います。
http://opac.ide.go.jp/eturan/ej_eturan.html

3. CiNii
上と同じく国立情報学研究所が提供しているサービス。日本の論文を横断検索してくれる。ただし、開発系の論文ならアジ研のOPACで十分だと思うので、それがカバーしていないときに使えばよいと思う。
http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiTop#

■本を探すとき
1. Webcat & Webcat Plus,
国立情報学研究所が提供しているサービス。日本全国の全ての大学・研究所の本を検索できる。アジ研の図書館に依頼すれば取り寄せてくれる。
http://webcat.nii.ac.jp/(Webcat; 正確な書名から)
http://webcatplus.nii.ac.jp/(Webcat Plus; キーワードから)

■開発系の資料を探すとき
1. 開発金融研究所
JBICの研究部門である開発金融研究所のサイト。量・質とも不十分だけれど、取りかかりやすい。
http://www.jbic.go.jp/japanese/research/

2. JICAナレッジサイト
JICAの活動分野に関する報告書(JICA発行)が掲載されている。それ程専門的ではないのでとっつきやすい。実務界で何が焦点となっているかを知るにはよいと思う。
http://gwweb.jica.go.jp/km/km_frame.nsf

3. イギリス版JICA, DFIDのサイト。JICAに比べて情報量が多い。
http://www.dfid.gov.uk/pubs/

4. Global Development Network
世銀によって設立されたネットワーク。使用したことはないが、ぱっと見(要約が同じフォーマットで書かれているので)、発展途上国の開発にフォーカスした研究を効率よく検索できる感じがする。全てダウンロード可能ではないかと推測している。
http://www.gdnet.org/middle.php?oid=414

■経済系の論文を探すとき
1. IDEAS? REPEC?
University of Conneticutのサイトではないかと思う。経済系の論文を色々なサイト横断検索してくれる。イデアスと同じ略語なので紛らわしい。
http://ideas.repec.org/

2. NBER
アメリカの全米経済研究所が提供しているサービス。
http://www.nber.org/papers/

■その他
1. 東京大学経済学部図書館経済学系リンク集
経済学の欧米大学・研究機関、国際機関へのリンクが掲載されている。ただ、リンク先を見れないものが多い。
http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/link/link2.html

2. 経済レポート専門News
ビジネスマン向けだが、日本語の経済に関するレポート・調査書・統計へのリンクが張られていて幅広く探すのには便利。
http://www3.keizaireport.com/

3. アジ研
べただけれど、アジ研の情報蓄積量はすごい!途上国研究に関しては質量共にアジア一らしい。(Hank Lim曰く)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/

3. 科研のデータベース
http://seika.nii.ac.jp/



研究・学習 | 【2007-04-03(Tue) 15:12:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
国際協力・開発を知るサイト@アジ研
開発について研究するときに役に立つサイトの紹介です。

自分の所属機関なので、宣伝のようで申し訳ないですが、本当に使えるので推薦します。

テーマ別・地域別に分類されています。ちょっと基礎的知識をつけるのに便利ですし、さらに勉強しようという人には推薦書もあげられていて便利です。

是非一度訪れてみて下さい!

http://www.ide.go.jp/Japanese/Research/
今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

研究・学習 | 【2007-03-26(Mon) 20:44:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
フィリピンの企業と開発
実は日曜日からフィリピンに行ってきます。

研修です。途上国における企業の役割について勉強してきます。

最近、貧困層向けビジネス(BOP)、企業の社会的責任(CSR)が話題になっています。

本当にCSRを企業のコアに据えることが出来るのか。BOPはただ単に、多国籍企業が儲かるだけで、現地企業が育つ機会を奪っているだけではないか(クラウディングアウト効果)、そのような疑念に近い、疑問を持って行ってきます。

でも、

楽しみにしています(ブログランキングサイトへ)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

研究・学習 | 【2007-02-09(Fri) 00:26:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。