お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
志望動機書を書く時にで考えるべき3つの軸
36996prl7jd348h.jpg

by Image: digitalart / FreeDigitalPhotos.net



(2011年5月21日一部変更)

予告どおり、いくつか記事をアップできればと思っています。イデアスを修了し、早くも4年が過ぎようとしています。国際開発機関で働き始めるというマイルストーンも過ぎたので、一時期とは違った趣旨の記事を書けたらと思います。

今回は、「イデアス(留学志望先)への応募書類のひとつである志望動機書を書くときに考えるべき3つの軸」です。これは、国際開発業界で働こうと思って大学院進学する時にも役に立つし、大学院中、そして就職してからも意識する軸になってくると思います。

以前、「志望動機書の書き方」(2008年05月01日アップ)で、志望動機書は以下の3点を踏まえるべきだと書きました。

①過去の経験
②志望先(この際はIDEAS)で何をやりたいのか、どういった力をつけたいのか?
③志望先を卒業したのちに、何をやりたいのか?

この中でも、『③志望先を卒業したのちに、何をやりたいのか?』、つまり将来へのプランを深く掘り下げるための軸です。

まず、最初にはっきりさせるべき軸は、専門分野です。教育とか、環境とか、経済とか、金融とか、農村開発とかです。特に、(もちろん一概には言えませんが)海外の機関では一般的に国内の機関よりも専門性が重視されます。勝負するフィールドを見極めることは、キャリアの成否を決めるといっても過言ではありません。

例えば、5年ゴールド○ン・サックスに勤務し大学院で農村開発を学んで農村開発の分野で職を得たいと思ったとします。そこで、その人が、2年間途上国で農村開発のプロジェクをやってきてかつ農村開発を大学院で学んだ人との競争に勝てるかというと、どうなのでしょう。答えは?です。

金融業界で働いてきた人は、やっぱり、金融で勝負した方がいい気がします。大切なことは、今までのキャリアとこれからやりたいことを真摯に見つめ、自分が勝てる分野を見つけることではないかと思います。人との比較してではなく、自分の中で一番得意かつ好きな分野を見つけることが大切だと、最近感じています。

career 2

by Image: digitalart / FreeDigitalPhotos.net



次に大切な軸は、将来働きたいセクターはどこかということです。国際機関なのか、政府系援助機関なのか、NGOなのか、研究機関なのか、民間なのか、ということを明確にしておくことは大切な気がします。なぜかというとその後のキャリアの積み方が変わってくるかと思うからです。

国際機関に就職希望であれば、国際機関でのインターンの経験はプラスに働きますが、政府系援助機関に就職したいときにはそれほどではないかもしれません。また、日本の援助機関であれば、膨大な資金が必要な欧米留学をする必要はないかもしれないと思うこともあります。

そして、3つ目の軸は、職種です。意外と意識されることは少ない気がしますが、はっきりさせておくといいのではないかと思います。机上でこつこつやる研究職なのか、調整が主なプログラムオフィサーなのか、ある特定のスキルを持って貢献する専門家なのかといったことです。

例えば、国際機関で、環境分野のプログラムオフィサーをやるのと、専門家をやるのでは、これから歩むべき道、つけるべき知識スキルは相当異なってきます。

「セクターx専門分野x職種」を見てわかるように、国際開発といっても関わり方は多種多様です。志望動機書作成を通じて、しっかり自分の得意分野と人生を投資したいという熱意がわいてくる軸を見極め、それを他人に的確に伝える技術は非常に大切です。それはキャリアの階段を上る時々、つまり、留学の応募書類を作成するとき、就職の面接を受ける際、そして、開発業界で働き始めてもずっとついてまわるものだと思いますので、今しっかり考えておいて損はありません。


【過去の関連記事】
「イデアスの試験で大切なもの」(2008年04月14日アップ)
「志望動機書の書き方」(2008年05月01日アップ)


スポンサーサイト
開発スクールを志望する人へ | 【2011-04-11(Mon) 20:05:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
近々2、3日記をアップしてみようかと思います。
近々(余裕があったら)2, 3記事をアップできたらと思います。
内容は、イデアス受験対策の本のアップデート、最近いただいてた質問をまとめる、などになるかと思います。

開発スクールを志望する人へ | 【2011-04-05(Tue) 10:04:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。