お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
進路選択:ジョージタウン大学orアジア経済研究所
『これからの進路について考える』

進路を決めなければいけないときがやってきた。2つ選択肢がある。1つは、アジア経済研究所。もう1つはジョージタウン大学だ。運よく魅力的なプログラムに滑り込むことができたなと思う。いまさらだけど、悩む・・・それぞれの魅力的なところ、マイナスなところを書いていこうと思う。

*前回書くと宣言していた、「競争的奨学金と社会的弊害」については次回書きます!

■□■□アジア経済研究所■□■□
正式名称はアジア経済研究所開発スクール(略称:イデアス(IDEAS))の日本人研修プログラム。研修と名前が付いているけれど、実質的には学校みたいに授業中心。費用が安く済んで、1年間日本で、2年目は海外で学ばせてくれる。一応お金も一部だが補助がある。
(http://www.ide.go.jp/Japanese/Ideas/index.html) 


●メリット
①日本の研究者や開発機関の人とコネができる
これ意外とメリットとして大きいと思う。海外で働きたいという希望があるけれど、そうは言ってもやっぱり日本人だし、将来日本と関係ある機関で働くんじゃないかな。装考えると、日本にネットワークを作っておくことは必須。


②若手の優秀な人と一緒に頑張れる
一緒の立場である研修生は、職歴のある人が多いのでモチベーション・能力ともに高い人が多いと聞いている。そんな人たちと一緒に頑張れるのはとってもいいこと。さらに同窓生のネットワークもできあがっているのでそれも魅力。


③開発分野では名が通っている
最近は国際開発系の大学院も整備されてきたけれど、IDEASが始まった16年前では貴重な存在だったようだ。いわゆる、伝統校だね。設立当時は給料もでていたらしい。いーなー。


④経済・計量を日本語で学ぶことができる
今の大学院では国際政治を中心に学んだので、幅を広げるためにも計量的分析手法を身につけたいと思っている。新しい分野を海外でいきなり英語で学ぶのは大変だから、それを日本で学んでおけるのはいいことだ。


⑤奨学金に応募できる
2年目の海外研修のときに必要となる経費を、この半年で財団に応募し合格できたならば、まかなうことができるかもしれない。フルブライトとか合格したら最高だな~。


⑥他校に応募できる
今年はジョージタウン大学に合格したが、来年はもっと志望度の高かった大学院に入れるかもしれない。



●デメリット
①試験を再度受ける必要がある
2年目の海外研修のために、去年も受けたように再度海外の大学院へ応募しなければいけない。大学院・財団への応募は本当に大変。推薦状が必要だったりして、また手間かけてしまうなー。そもそも受かるって保障ないし・・・


②英語力が伸びない
英語で行われる授業、英語力向上のための授業はあるけれど、やはり海外で学ぶのに比べたらその効果は小さいだろうな。


③生活費が高い
首都圏は生活費かかります・・・


④1年遠回りにならないかという不安
来年の海外研修で結局海外の大学院に行くことになる。そしたらさっさと今年ジョージタウンに入ってしまって、1年遠回りする必要はないのではないかと思う。



■□■□ジョージタウン大学■□■□
Georgetown University, Walsh School of Foreign Service, Master of Science in Foreign Service(MSFS)だ。アメリカで初めて国際関係分野での学位をだした、いわゆる老舗だ。
(http://www3.georgetown.edu/sfs/msfs/)

●メリット
①ワシントンDCという環境
ワシントンは世界の政治経済の中心だよね。世界銀行やアメリカ版JICAのUSAID、ホワイトハウス、数々のシンクタンクがある。そこで、インターンとして働くこと、セミナーに参加することはとってもわくわくすること。卒業後の仕事も見つけやすい。


②素晴らしいプログラム
ジョージタウン大学のMSFSというプログラムは、国際関係分野では世界でもトップクラス、全米でもトップ6のプログラムだそうだ。http://www3.georgetown.edu/sfs/msfs/admissions/general/faq.html#Rankings

その中には、国際開発(International Development)、国際ビジネスと政府の関係(International Business-Government Relations)、国際コマース・ファイナンス(Global Commerce and Finance)などがある。http://www3.georgetown.edu/sfs/msfs/academics/concentrations.html

中身に関して書くと、国際開発コースは、途上国の開発について、Research/Analytical/Management Skillsを身につけるもの。卒業したら、開発援助機関、NGO、開発コンサルとかで働くようだ。

国際ビジネスと政府の関係コースは、公共政策の分析や形成過程についてビジネスの観点から見ていくもの。卒業したら、世銀などの国際開発金融機関、政府のビジネスを扱う部門、民間のマネジメントやファイナンス部門だそうだ。

国際コマース・ファイナンスコースは、貿易と投資、会計とファイナンス、国際マーケティング、ビジネスストラテジーとオペレーションを学ぶ。卒業したら、国際開発金融機関、コンサル会社、国際ビジネス、国際銀行、民間の国際部などがあり得る就職先らしい。


③国際レベルで人脈ができる
開発スクールだと日本人の人脈、ジョージタウンだと国際レベルでの人脈ができる。将来、NGO,多国籍企業、国際機関、アメリカをはじめとした諸外国の外務省で働く人たちと知り合えるのは大きなメリットだ。


④英語力・実践的なスキルが伸ばせる
以前ここで書いたが、今自分に足りないのは英語力と欧米流のディスカッション、プレゼン、企画書の書き方。ジョージタウンだと、いわゆる専門職大学院(プロフェッショナルスクール)だから、学問的知識だけでなく、専門的なスキルを磨くのにも最適だ。理論と実践のバランスがとれているのだ。


⑤先生が素晴らしい
学問の世界からだけではなく、ワシントンという場所も活かして、IMFや世銀元職員、CIA、USAID、アメリカの国務省の元長官など素晴らしいタレント揃い。先生が素晴らしいからといって自分の能力が高まるかといえばそうではないが、やはり聞いてみたい、話してみたいという人たちだ。


●デメリット
①費用が高い
ほんとうに高い!!!信じられない。1年目の成績が良ければ2年目は免除になったり、途中でスカラシップ(もらえる奨学金)に応募できるけど、かならず合格するとは限らないから不安・・・


②修士のみのコースである
このプログラムの上には博士号PhDのコースがない。まだ行くかどうかきめていないけれど、もしPhDに進むとしたら他校を受験することになり、最悪また修士のコースから取らなければいけないかも。そしたら一体何年かかることやら・・・



と、ここまで書いてきたけれど一体全体どっちがいいんだー。悩む・・・。誰か言っていたな、悩めるのは特権だって。特権なのか・・・


未分類 | 【2006-07-20(Thu) 02:10:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。