お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
自分にとってゆずれないもの
『将来の自分にとって譲れないものは何か?』

昨日上げたトピックの2番目である、『自分にとって譲れないものは何か?』について考えてみよう。

単純に、思いつくままに書くと
・英語を使う環境にいること
・知識・経験に基づいてやってみること
・新しいことをやってみること

■英語を使う環境にいること
なぜ英語を使う環境は面白いのかなー。ばりばりディスカッションできるほど英語力ないし、ニュース聞いても「??」ってことも多い。でも英語が使えたら面白い。

英語使っているときって別人になった気分になる。テンションとかも変わるし、気分も変わる。脳が刺激される感じがする。もちろん、表現ができなかったりしたらへこむけれど。

でも、なんといってもこれかな。

『英語を使うと新しい世界が開ける』

英語でたどたどしく会話していても、「おぉーアメリカ人は銃を持つことに対して、こう思うのか!」とか、「イギリス人はこんなところが笑うつぼなのか!おもしろくねぇ・・・」とか、「インドネシア人ってめちゃ優しい言葉かけてくれるなぁ」とか、「アフリカ人ってなんか話していると心のつながりを感じるな」とか、新しい発見がある。

もちろんいいことばかり発見するのではなく、人種差別も垣間見たりするが、英語を使えたら世界が広がる。


■知識・経験に基づいて行動・考えてみること

僕たち人類の先輩の知恵って、役に立つ。自己の過去の経験を振り返るときに、本で照らし合わせてみると「あぁー、こうすればよかったんだ」と思うし、「昔の人は人生をこう考えていたんだね。今も通じるものがあるね」って思うのも面白い。

シンポの企画やその団体を運営するときも、塾や大学で人を指導するときも、本に書かれていること人の経験と、自分の経験したことを照らし合わせると、過去の自分に足りなかった点も見つかる。

そしてそこで新しく得た知識を現実の場面で応用してみる。そんな先輩の知恵を身につけること、知識を身につけたい。そしてそれに基づいて、行動したり考えたりしたい。

これは開発でも当てはまるのではないか。日本や他国が経験してきたもの、例えば公害対策、が体系化されて、それが台湾の公害対策で役に立つかもしれない。

このように、今まで学問という名で研究機関に蓄積されてきた、開発や政治経済のシステムの知識を学びたい。

そして、今まで蓄積されてきた知識体系を使ったら、現実の社会も少しは良くなるのではないかと思う。もちろん、今までの経験・他国の経験がじかに活かされることは少ないだろう。でも参考にはなるはずだ。

そこで気をつけることは、今起こっていることを正確に分析することだ。無理に、現在の現象を過去のフレームに当てはめようとして、失敗することもあるだろう。そうならないことが大切だ。

現実の社会で問題を解決するために求められていることは、「冷静な分析に基づき、楽観的な気持ちで行動すること」であると思う。

今僕が身につけるべきは、冷静な分析を行えるだけの、『学術的・経験的知識』ではないか。


■新しいことを始めること
自分にとってだけでなく、ある団体・コミュニティ・地域にとって新しいことをはじめることに興味がある。

今までの自分の経験を振り返ると、先輩たちがやってきたことを引き継ぐのではなく、それを発展させる、変える、もしくは自ら新しく始めることに楽しさを見出してきた。

広島国際ユースシンポジウムで広島に新しいムーブメントを作ろうとしたときも。YDPで日本初の全国規模のユース団体のネットワークを作ろうとしたときも。働いていたときに新規営業をしていたときも。

『意義ある、新しいもの』を思いついたときは最高だ。そしてそれを始める。行動に移すと沢山の障害が出てくるが、目的や理想がしっかりしているとなんとかなる。そんなもんだ。

■結論
英語を使える環境で新しいことに取組む。そのためには、英語力と知識が必要。これを今迷っている2つの選択肢(ジョージタウンorアジア経済研究所)で考えると

英語を身につける環境→ジョージタウン>アジ研
開発の知識→ジョージタウン<アジ研

英語力はだいぶついたので、今は知識を身につけるべきときと考えると、行くべきところはアジ研なのかな・・・


未分類 | 【2006-07-22(Sat) 07:46:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。