お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
途上国の女子教育は先進国のそれにもつながる!
先週から取り組んでいた女子教育のレポートの結論について書きます。

過去の日記↓
http://masah.blog57.fc2.com/blog-entry-61.html
http://masah.blog57.fc2.com/blog-entry-59.html

ちなみに、レポートの課題は、

「どのようにしたら発展途上国において女子教育は進むのか?」

また、

「女子教育が経済社会発展に寄与するためにはどうしたらいいのか」

という問いに答えることでした。

色々な文献を調べていくうちに以下のような結論に至りました。

「女子教育には雇用が必要だ!」
ということです。

発展の初期の段階においては女子教育の改善は社会経済発展に寄与することが出来るようです。

しかし、発展の中期の段階になると、女子教育への投資だけでは社会経済開発に結びつくことが出来なくなってしまうようです。なぜならば、教育を受けた女子が活躍する場が限られているからです。

だから、ほぼ男女平等の教育が発展しているフィリピンでも経済発展は進んでいないのです。

したがって、女性への投資を活かす環境、つまり女性が経済活動に参加しやすい環境を整備することを同時に進めることが、女子教育が経済社会的発展へとつながる鍵となるのではないかということです。

そこで、僕は、現在女子教育がうまくいっていると言われているバングラディシュを取り上げることにしました。

ここで注目したことは、教育とは関係のない地域研究の授業で学んだ、バングラディシュの縫製産業でした。授業によると、バングラディシュの縫製産業は輸出の75%を稼ぎ出すほどだそうです。

なぜ縫製産業がジェンダー問題と関係があるのかというと、縫製産業がバングラディシュに育つ以前は、女性は家事もしくは人気のない職業に従事するしかなかった。しかし、縫製業の発達で、彼女たちは確実な収入を得るようになり、家庭でも意見を言えるようになり、社会的にも女性の職業に関するイメージも向上し、女性観に変化が出てきたそうです。

そのインパクトの大きさは、縫製産業の従事者の70%以上が女性ということからも伺えます。

要するに言いたいことは、以前は女子を教育しても稼げないから意味がないという意識があった状況を縫製産業の成功がそれを打破した。結果、女子教育も進んだのではないか、ということです。繰り返すと、縫製産業が女性の社会進出を進めたおかげで、女性への社会観に変化が生じ、家計の重要な収入源として認識されるようになった。その結果、女性でも働いて十分な収入を得ることができるのであれば、教育を受けさせようではないかとなったのではないかと思います。

というわけで、女子教育を発展させ、それを経済社会発展につなげようとするのではあれば、逆説的に、女子が働ける環境を整えることが重要なのではないかということを結論にしました。

今回のレポートを書くことで、ジェンダー問題の複雑さがわかりました。先進国でもまだある問題ですので日本のジェンダー問題についても理解が進みました。

ってことは、途上国の問題に取り組むことは結局先進国自身の問題にも取り組むことになるのだなと、納得してレポートを書き終えました!

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

開発スクール授業内容 | 【2007-03-10(Sat) 15:53:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。