お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
一足先の旅立ち(2)
外国人研修生の卒業式シリーズ第二弾。

外国人研修生と一緒に2ヶ月間生活をともにしてきて色々なことを学びました。その中でも今回は、仕事への取組方の違い・合意の取り方の違いについて書こうと思います。

仕事への取組方の違い
仕事への意識の違いを一番感じたときはグループワークの作業をしているときでした。グループワークとは一つのトピックに対して、日本人・外国人混合の6人のグループでプレゼンを作成するというものです。

当然、プレゼンを作成するためには、自分たちの主張やその背景となる事実を選択して発表しなければいけません。日本人だと自分に割り当てられた仕事は、ある程度の質で仕上がってきます。

けれども!

このブログのモチベーションでもあるので、今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!



外国人研修生はそうではありませんでした。

ある人はかなりの質のものを仕上げてきて、ある人は明らかにHPのコピペとわかるものを持ってくるといった感じでした。

その理由はわからず不思議でした。一ヶ国一人しかいないので、その国の国民性と考え、「ラオス人は遊び好きなんだろうなー」、などと思っていました。しかしながら、今日JETROの友人と話していると、彼女のラオス人の友人は日本語を1年間でマスターしてメールも日本語で来るらしく、勤勉らしいので、決して国民性などではなく個性の問題だと気が付かされました。

合意の取り方の違い
一つの仕事を進めているときの合意の取り方はとても異なっていました。具体的に言うと、日本人だけであれば一つの仕事がようやく結論に至ろうとしているときに今までの議論をひっくり返すことはあまりないと思います。また、必ず人の意見に反対するということもあまりないでしょう。

しかし、外国人研修生と仕事を進めているとそれが多々あるのです。偏見なのかもしれませんが、今回の研修では、南アジア(パキスタン・バングラディシュ出身)の人がそうでした。彼らは、自己主張することが大切なようで、彼らと仕事をしているとなかなか合意に至りませんでした。

どこかの記事でインドの教育では、スピーチ(論理に基づいた説得)と数学を重視していると聞いたことがありますが、パキスタンやバングラディシュでもそうではないかと思いました。

しかしながら、自己主張の強い彼らがチームにいるといつも困るかというと、そうでもなく日本人が不得意な大衆の前のプレゼンでは彼らの説得力のある主張はとても効果的です。ですので、日本人は地道な準備をして、バングラディシュ人は当日のプレゼンを担当するとうまくいくのかもしれないと思いました。

今回はコミュニケーションの違いについて書いてきましたが、そういえば自分は学部の時に異文化コミュニケーションを専攻していたことを思い出しました。卒論では、アメリカ人と日本人の違いについて研究しましたが、それが現在の日々のコミュニケーションの分析にも生きているのかもしれないですね^^

色々なコミュニケーションの違いを書いてきましたが、当然共通点の方が多い気がします。この6ヶ月生活をともにすることで共同意識に似たものがうまれました。

次回はそれについて書こうと思います。


開発スクール生活・考え事 | 【2007-03-19(Mon) 01:11:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。