お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
一足先の旅立ち(4)バングラディシュ人・ブータン人・ウズベキスタン人
今日は外国人研修生との最後のパーティでした。

自習室の隣のバングラディシュ人は今日帰りました。逆隣のブータン人は金曜日に帰りますが、もう会えないようです。ウズベキスタン人は明日帰るそうです。

バングラディシュ人は癖のあるやつだった。

隣の席でよく話しかけてくれたり、時にはパソコンのことをきいてきたりした。好きな言葉が、「コピーアンドペースト」で、よくレポートをコピーアンドペーストしていた。

イスラム教を信じていたから、生活はまさにそのものだった。朝は日の出前に起き、授業中であっても抜け出して一日5回お祈りをする。酒はやらず、豚肉は食べない。たばこもしない。女遊びもせず、散財もしない。100円ショップを好み、フリーマーケットでは値切る。

授業やグループワークで自分の意見を曲げないで議論をやめない。そんな特異な存在でありながら、愛らしい存在だった。

ブータン人は、「Men are born and then die」といい、「Men meet and then have to say good-bye」と言っていました。帰るよと言い始めてから30分くらいみんなと握手したり、ハグしたりしている。

彼はなにかと哲学的なコメントをするやつだった。人生とは○○なものだと。

恋愛にも軽そうでいて、意外に真剣だった。2回目のスタディーツアーの夜、彼とT君と恋愛の話をした。「彼女がいないなら誰かと付き合うのもありじゃん」という僕らに、彼は、「簡単に付き合うことはしない。結婚を考えられる女性としか付き合わない」と言っていた。

ウズベキスタン人は、今日見送りに行ったけれど、ニコニコしながら帰っていった。彼は探求心の強い男だった。授業では必ず質問をしていた。先日一緒に温泉へも行った。そこで初めて人生について話した。

今日の帰りがけにも、「次会える時までにみんな結婚しておこうよ」と話していると、彼は「2人子供を作るよ」と言っていた。

結婚指輪を忘れて来たり、MBA(Married But Available)といいつつエロい男だったりしたが、なんだかんだ言って男気があっていいやつだった。祖国では奥さんとラブラブだろう。

バングラディシュ人は別れ際はっきりとは言わなかったが、また会いたいという気持ちが伝わってきた。ブータン人は別れ際さみしそうで、ウズベキスタン人は別れ際やけにニコニコしていた。

みんな色々な表情をしていたのだが、僕が持った感情は「なんか切ない」という感じだった。

なぜだろう。

それほど仲が良かったのかと言えば、過去の友達と比べれば、一緒に遊んだ時間はそれほど多くない。学校で話すやつもいればそれほど話さなかったやつもいる。でもなぜか「切ない」のだ。

なぜだろう。

今考えらうる答えは、「イデアスにくれば彼らに会えたから。でも、これからはそうではない」だろう。それほど遊んだわけではない。しかし一緒に授業を受け、グループワークの作業をし、彼らの国のこと・日本のことについて話をし、恋愛話に花が咲き、とりとめもない雑談をする。そんな半年間だった。イデアスに来ればそれができた。しかしこれからはそれができない。彼らとの時間は、僕の一日の時間の中に組み込まれていた。だからそれがなくなると思うと、「おや?」と思い、なぜか切ない。

日曜日に帰るラオス人を最期に、今週は帰国ラッシュだ。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!



開発スクール生活・考え事 | 【2007-03-22(Thu) 01:34:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。