お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
アフリカ紛争はなぜ起こったのか?
アフリカの紛争はなぜ起きたのか?

今日はアフリカの紛争についての授業がありました。
先生は武内進一先生でした。(以下の意見は先生の授業を聞いた上での「僕」が書いたものです。)

アフリカの紛争の深刻さ

アフリカの紛争は深刻です。

例えば、シエラレオネ。シエラレオネでは子供までが兵士として動員されました。反政府組織であるRUFは、支配地域で子供を兵士として動員させました。また、そのときに反乱を起こしそうであれば、手首から先足首から先を切り落としたりしました。

また、ルワンダも有名です。独立期から内紛の危険があったようですが、1994年の大統領が暗殺されたのを機に政府軍と反政府軍RPFの対立が激化しました。その中でフツ族過激派によって、ツチ族や和平支持者、50-100万人が80日間で無差別に虐殺されたそうです。

両方の事件は、正直息をのむような事実だし数字です。

僕が開発に興味をもったきっかけも、アメリカに留学していたときに一枚の手首から先のない女の子の写真を見たことでした。

その頃から、ずっとではないが、時々考えてきたのが紛争の原因でした。一般的に言われているように民族が原因なのだろうか?

もしそうだとしたら、先述のルワンダで今はフツ族・ツチ族が共存していると聞いて、喜ばしいのだが不思議に感じていました。

今日はその一つの答えを見つけることができました。

アフリカの紛争と国際情勢

アフリカ紛争は国際情勢の波にもまれてきたということです。

なぜか?

冷戦下において、国際社会は自陣営に引き込むためにアフリカ各国政府が腐敗していていたとしても援助を行ってきた。アフリカ各国は単独政党のシステムを利用してきた。その中で、政府の中に資源・資金配分と政治的サポートを交換にした支配関係が出来ていった。

しかし、冷戦終了に伴い状況は大きく変わります。

1番目に、援助額の減少です。東欧や経済移行国に援助がまわりアフリカへの援助は減額します。

2番目に、民主化の要求です。今まで一党独裁や軍政に目をつぶっていた西洋諸国が民主化の要求を援助とセットで行うようになりました。

結果どのようなことが起こるのか。

援助額の減額により、国内政治の資金配分が出来なくなり政治闘争が激しくなる。また、民主化要求により多党制になりそれによって安定的な政治運営が困難になる。

以上の流れで、90年代アフリカは紛争の世紀を経験することになったというものです。

アフリカの深刻な内戦は民族間の争いということで片づけていましたが、意外に国際社会の影響を受けているということを知ってショックでした。

まだ、学ぶことはたくさんあります。

武内進一先生の授業はかなり満足のいくものです。

今日もワンクリックお願いします!(そのクリックで一票投じられ、ブログランキングサイトへつながります。)

Blog Ranking 気に入ったら押してください!

下クリック↓
ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング


開発スクール授業内容 | 【2007-03-30(Fri) 01:25:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。