FC2ブログ
お知らせ
*2007年7月にイデアスを修了し、現在は某国際機関に勤務中。新ブログに移行しました。このブログは基本的に更新せずに、開発スクール(イデアス)の情報のみこちらでアップします

FC2カウンター
Since November 2006
プロフィール

masah

Author:masah
1年のアメリカ学部留学を経て、外国語系の大学を卒業。卒業後は専門商社で勤務。東南アジアを見たことで、大学院へ。広島大学大学院国際協力研究科で、修士号取得。。21世紀COEプログラム特別教育プログラム修了。06年秋からは、アジア経済研究所開発スクールで経済学をベースにして、開発・貿易について学んでいる。将来は国際機関、財団、シンクタンクで働くことを希望。経済学、政治学両方できたら理想と思っている。
TOEIC:940点 TOEFL:273点

*リンクフリーです。
*本ブログはあくまでも個人的見解に基づくものであってアジア経済研究所開発スクールの意見を代表するものでは一切ありません。
*著作権利は本人に属します。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近の記事
カテゴリー
相互リンク中!
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
メールフォーム
出願や進路相談に関しては掲示板に掲載して下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
出願書類のライティングサンプル
「ライティングサンプルは短く」

早速先週提出したケネディースクールから連絡が来ました。

その旨は提出書類の中のライティングサンプルが長すぎるとのことでした。20ページ以内と記載されていたので、修士論文を20ページにして提出しました。ところが、それでは長すぎて審査員は読まないとのこと。

以下メールの抜粋。

--------------------------------------------------
Thank you very much for your email.

I noticed that your writing sample is quite long and I wanted to suggest
that you might want to replace it with a summary of your thesis since the
readers will most likely not be able to read writing samples that are more
than a couple of pages long.
If you do not have another document to submit, then I will use the one you
emailed.
-----------------------------------------------------
数ページ以上だと読まないとのこと。それならそうとその旨を記載しろよと思うのだけど・・・

でも、よく考えるとその旨を教えてくれるとはとても親切なアドミッションオフィスだなと思いました。

早速今から修正して今夜中に送ろうと思います。

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!



留学準備 | 【2007-01-09(Tue) 18:11:49】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ケネディースクールに出願完了!
Havard University Kennedy School of Governmentを仕上げる

今日はHarvard Universityの締切でした。

開発スクールからは3名出願しましたが、みんな徹夜で取り組みました。

ケネディースクールはエッセイが6本もあるので(通常は2本が最大)、骨が折れる作業でしたがやり遂げた時は嬉しかったですね。

出願したプログラムは、Master of Public Admistration in International Developmentというもので、MPA/IDと呼ばれています。開発に特化した、公共管理のマスターですね。

経済学と数学を鍛えるプログラムで、HPによれば、「ドクターレベルの経済学を2年間でたたき込みます」と書かれています。少々おどしも入っている気がしますが、卒業生の話によると、マスターとドクターの間くらいのレベルだそうです。

何はともあれこれでかなりの志望校の出願書類ができあがりました。これからどうするのか再度作戦を練ろうと思います。

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!



留学準備 | 【2007-01-06(Sat) 21:17:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
明けましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。このブログともども本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

ご無沙汰しておりました。なぜか、それは開発スクールの授業及び留学準備で忙殺されていたからです。

アジ研に朝から深夜まで本当にずっといました。昼は講義、夜は出願準備、そして深夜に、ゆうゆう窓口(郵便局の24時間サービスの窓口)に駆け込み、出願書類を送付するという毎日。

ようやく、落ち着いてきたのでこの辺で近況報告をしようと思い書いています。

今まで出願した学校は、出した順に、

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!


12月1日:プリンストン大学
(Princeton University, Woodrow Wilson School of Public and International Affairs, PhD in Public Affairs)

12月12日:コロンビア大学
(Columbia University, School of International and Public Affairs, PhD in Sustainable Development)

12月13日:カリフォルニア大学ロサンゼルス校
(University of California at Los Angels, School of Public Affairs, Department of Urban Planning, PhD in Urban Planning)

12月15日:デューク大学
(Duke University, Department of Public Policy Studies, Terry Sanford Institute of Public Policy, PhD in Public Policy)

12月16日:ミシガン大学、カリフォルニア大学バークリー校
(University of Michigan, Ford School of Public Policy, PhD in Public Policy)

(University of California at Berkeley, Department of Agricultural & Resource Economics, PhD in Applied and Resource Economics)

12月24日:エール大学郵送
(Yale University, MA in International and Development Economics)

12月29日:ウィスコンシン大学マディソン校(開発学部)
(University of Wisconsin at Madison, Development Studies Program, PhD in Development Studies)

12月30日:オックスフォード大学開発学
(University of Oxford, Queen Elizabeth House Department of International Development, DPhil in Development Studies)
:オックスフォード神戸奨学金
(Oxford Kobe Scholarship)

12月31日:マサチューセッツ工科大学
(Massachusetts Institute of Technology (MIT), Department of Urban Studies and Planning, PhD in Urban Studies and Planning)

1月1日:ウィスコンシン大学マディソン校(農業経済・応用経済学部)
(University of Wisconsin at Madison, Department of Agricultural & Applied Economics, PhD in Agricutlural and Applied Economics)
ハーバード大学公共政策大学院郵送分のみ
(Harvard University, John F. Kennedy School of Government, MPA in International Development)

です。ふー。大変ですよ。

あと、Yale, Harvardのエッセイをやらなければいけません。学校も4日から始まるし。正月返上でした。

次回は留学志望先について詳しく書けるようになります。


留学準備 | 【2007-01-01(Mon) 22:17:50】
Trackback:(0) | Comments:(2)
プリンストン大学へ出願
『プリンストン大学へ出願』

ようやくプリンストン大学の願書を提出しました。

大変でした。なにがかというと、Statement of Purposeに時間がかかりました。

その理由

“Why Public Policy?” “Why PhD?” “Why Princeton?”にこだわったからだと思います。

特に、“Why Princeton?”というところが難しかったですね。なぜ、DukeやBerkeleyではいけないのか?考えました。

一つは、自分の研究分野の先生が充実していたことが良かったです。研究は、国際貿易、開発、環境がキーワードです。

国際貿易の大御所、Paul Krugmanが在籍していますし(彼の指導は受けられないだろうが、同じ分野の先生も多そう)、Economic Growth Centerなるものもあり、研究を行うには恵まれている環境だと判断しました。

というわけで、プリンストン。

色々調べているうちに、いいなー、と思えるところがたくさん出てきました。

1つは、こじんまりとした感じ。他のマンモス大学とは違い、大学と学生の距離が近いように感じました。

2つ目は、奨学金制度が充実していること。これは大きいです。

とにもかくにも、ようやく初戦を終えたので、引き続き第2戦へ向けて準備しようと思います。次は15日締切が5校。頑張ります。


↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!


留学準備 | 【2006-12-02(Sat) 13:55:16】
Trackback:(0) | Comments:(0)
出願するときには電話番号を!
プリンストン大学の出願準備が大詰めを迎えています。

今日、FedExで成績表等を送付しました。

大学へアプリケーションを出すときは、必ず電話番号を書いた方がいいということをFedExの方からアドバイス頂きました。

ちなみに以下のように書いているだけでは不十分だそうです。

Office of Graduate Admission
Princeton University
One Clio Hall
Princeton, NJ 08544

上記の住所は私書箱形式で、FedExは手渡しするのが基本だから、住所だけではアドミッションオフィスまでまわらないそうです。(郵便は私書箱でOK)

どのオフィスか探すのに時間が掛かってしまうようです。もともと、締切ぎりぎりで時間がないときにFedExを使うので、かなり致命的なことをするところでした。

FedExの信頼性を感じるとともに、困るときもあるのだなと思いました。

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!



留学準備 | 【2006-11-29(Wed) 21:01:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ウッドローウィルソンのプログラム
『出願校で悩む』

現在出願校で悩んでいます。

それはPhDに進むか、Masterに進むかということ。

学校はプリンストン大学ウッドローウィルソン大学院。しかも締切は12月1日。

正直まだ迷っているのか、というつっこみを自ら入れたくなりますが・・・

PhDのいいところ

1) PhDがほしい
いま欲しいのはPhDです。

2) プログラムが充実
プログラムが充実している。5つコース(政治と公共政策、政治経済学、人口問題と公共政策、都市地域政策、科学技術環境政策)がある中で、政治経済学がいいのではないかと思っています。

3) 財政支援
PhDのコースには奨学金が全員に支給されるそうです。お金はとても大切な問題なのでこの点はありがたいです。

4) 自分のキャリア向け
学術的なプログラムなので、自分のキャリア(大学院・アジ研)がMasterよりもいきるのではないかと思います。

Masterのいいところ

1) プロフェッショナルスクール
プロフェッショナルスクールです。PhDと少し違い、卒業すると公的セクターで働けるようにプログラムが編成されていているそうです。PhDに進むにしろ2-3年勉強した後に、働こうと思っているので、ひょっとしたらこちらの方がいいかもしれないです。

2) 財政支援
Masterなのに90%は財政支援がもらえるようです。他の学校のマスターよりも奨学金が充実しています。

3) PhDに入りやすい
HPや学校紹介パンフレットに掲載されているPhDの人の履歴をみると、だいたいこのMasterから進学しているようなので、そのままいけないかなとか思ってしまう。

悩みます。2日くらいで結論をださなければ・・・・

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!




今日の用語↓
プリンストン大学ウッドローウィルソン公共国際大学院
プリンストン大学は東部の有力校。アジア経済研究所開発スクールの講師の先生によると、公共政策(特に国際)の分野では、実力校らしい。メールやHPからは学生へのケアが行き届いているように感じる。
URL: http://www.wws.princeton.edu/

留学準備 | 【2006-11-20(Mon) 21:13:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ケネディースクール説明会に参加しよう
『ケネディースクール説明会に参加しよう』

今週末ハーバード大学ケネディースクールの説明会に参加しようと思う。

ハーバード大学ケネディースクールは公共政策・行政学の大学院でとても優れたプログラムを提供している。

↓気に入った方はクリック↓(ランキングサイトで順位があがるのでお願いします)!現在29位!


毎年卒業生が主催しているものらしい。入試のプロセスには関係ありません、エッセイの指導はしません、など注意書きがある。やってしまう人がいるのだろう。

出願して合格できるかどうかは疑問だが、HPをみるだけでも公共政策・開発の分野で何が焦点となっているのかを知ることができる。

知り合いの先生が勤務しているが、とても魅力的な先生。科学技術と開発について研究している。また、彼に紹介してもらった在校生も才能豊か。いい環境なのだろう。

どのような説明会になるのだろう?楽しみにしておこう。

今日の用語!
ハーバード大学ケネディスクール:ハーバード大学付属の公共政策や行政学専門の大学院。教育、経済、環境、労働、福祉など様々なトピックが学べる。
HP:http://www.ksg.harvard.edu/

留学準備 | 【2006-10-26(Thu) 00:03:15】
Trackback:(0) | Comments:(1)
前のページ
ブログ内検索
イデアスに興味のある人へのお勧め本
開発スクール卒業生は今どこで何をしているのか?
イデアス卒業生10数名がつづる国際協力の仕事
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち (岩波ジュニア新書)
(2007/05)
不明

商品詳細を@amazon.co.jpで見る

イデアス入試対策本!NEW
国際協力 新版―その新しい潮流 (有斐閣選書)商品詳細を見る


国際機関に入りたい人の必須本!
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
最新版 国際公務員を目指す留学と就職
(2001/09)
グローバルリンクマネージメント

商品詳細を見る

キャリアプランニングしよう!
「海外で通じるキャリアのために具体的に今何をすればいいのか」その答えを見つけられる!
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
世界級キャリアのつくり方―20代、30代からの“国際派”プロフェッショナルのすすめ
(2006/05)
黒川 清、石倉 洋子 他

商品詳細を見る


興味のあるトピックは、アマゾンでサーチ!
masahお薦め書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。